私はとある精神科病院に1発合格しました。その理由は、やはり事前に見学したことにありそうです。試験を受けると決めてからわかったのですが、見学が必須でした。ほとんどのライバルが、応募してからそれがわかって見学に行ったようです。しかし、それが6月の話。私は実は求人があるのかないのかわからない状況で、春休みにすでに見学をお願いしていました。といっても、時期の差で意欲をはかるとは言い切れませんね。

 

 しかし、私も、遠いところにわざわざ足を運ぶわけで、この機会を無駄にしたくないわけで、インターネットで「見学・インターンで聞くべきこと」みたいなのをかなり研究して、以下のことを聞いてきました。まず、どんな部下と一緒に働きたいか(=どんな人が欲しいか。あとで自己PRで使う)。次にどんなときに○○(理念にあること。まごころのやりとり、とか。)を感じるか(=あとで志望動機に使う)くらいですね。あと、すれちがうスタッフにはまるで自分がそこでっ働いているのかのように自然に挨拶しまくります。私は患者様に誰だと聞かれたので、すかさず自分の名前と、よろしくお願いしますって言いました。転職の見学に一緒に歩いてくださったスタッフがクスって笑ってました。つまり、努力とインパクトですね、ポイントは。

 

おすすめ情報
42歳転職|キャリアアップ転職の求人情報サイトランキング
42歳でも転職できるか?その答えは可能です。手順に沿った正しい方法で転職を行いましょう。
xn--42-3b1eq28ejpq.com